襖の大きな役割として、部屋の間仕切り、和室への入り口、押し入れや天袋、地袋など様々な仕様があります。
活用次第では、ただ単に空間を仕切るだけに用いるのではなく、部屋の用途に合わせ、より個性的な空間を演出してくれます。
引き戸は場所をとらず、日本住宅に最も適したものであり、その性能を十分に活かす建具として「襖」が欠かすことはできません。